A 八朔祭について

 都留市を代表するお祭りといえば、この八朔祭です。郡内三大祭りのひとつに数えられ、毎年9月1日に生出(おいで)神社の秋の例祭として行われてきました。地元では「おはっさく」と呼ばれています。豪華絢爛、色とりどりに飾られた屋台にお囃子の競演、江戸の衣装に身を飾った大名行列・・・。この日を楽しみに多くの観光客が都留市を訪れます。

 八朔祭は、もともと四日市場にある生出神社(おいでじんじゃ)の例祭として行われたものです。これに伴って大名行列や屋台巡行が「付祭(つけまつり)」としてはじめられた年代は確認できませんが、天保年間(1830~40)の古文書に、「往古(おうこ)より供奉順行(ぐぶじゅんこう)」と記されていますので、それ以前から大名行列などが行われていたことは確かなようです。一説には、郡内領主の秋元氏が川越にて転封の際(1704)、行列道具一式を下天神町に置き土産として送ったと伝えられています。
 
 八朔祭の「八朔」とは、旧暦で8月1日のことです。これは、新暦に置き換えると9月の上旬となります(年により日はかわります。たとえば、平成22年だと9月8日が旧暦の8月1日です)。
 秋の種まきを終え、稲の稔り間近なこのころ、豊作を願うための祭りとして行われていたようです。

古文書をもとに、八朔祭の古式をみてみましょう。

8月1日(旧暦)

-真夜中-
 昔の八朔祭は、真夜中から始まりました。丑の刻(午前2時頃)になると、惣行事(そうぎょうじ)が太鼓を打ち鳴らし、各町を回って歩きます。これを一番太鼓といいます。
 その後しばらくして二番太鼓が打ち鳴らされます。当時の若者たちは楽しみで眠れなかったことでしょう。

-夜明け-
 夜明けを迎える頃、三番太鼓が鳴ります。このとき、惣行事は「お仕度~、お仕度~!」と大声で知らせて歩きます。この合図とともに各町とも家を飛び出し、支度を整え、屋台などとともに四日市場の生出神社へ向かいます。

-朝-
 神社で一通りの神事を行います。滞りなく終了すると、大手通の御旅所(おたびしょ:今も山梨県民信用組合都留支店前に御旅所が設けられています)に向かって行列が始まります。

-行列開始-
 先頭は、榊太鼓(さかきだいこ)が先触れを行います。出発の合図は鉄砲です。
「下にぃ~、下にぃ!」
 いよいよ行列が出発です。当時はいくらお祭の中の行列だとしても、高いところから眺めるなどといった無礼なことはできませんでした。行列の妨げになるものは、切り落とされてしまった・・・といいます。

〒402-8501
山梨県都留市上谷1-1-1
都留市役所産業観光課内

TEL 0554-43-1111
FAX 0554-43-5049