八朔祭について

城下町都留の秋を彩る「八朔祭」は「おはっさく」と呼ばれ、生出(おいで)神社の秋の例祭として、江戸時代より連綿と受け継がれてきました。
この祭りを壮大に盛り上げる「大名行列」の巡行は、1633年に始まる秋元泰朝公、富朝公、喬朝公の三代72年間にわたる藩政に対する感謝の気持ちを、農民たちが行列に仕立て上げたものといわれており、1704年に秋元公が川越に転封になったとき、行列道具一式を下天神町に置き土産として贈り、足軽が行列の仕様を教え込んだのが始まりと伝えられています。
一時途絶えていたこの大名行列は、都留市民の復活の気運の高まりにより、昭和57年に復活し、以来、途切れることなく続いています。
また、祭りを華やかに彩る四台の八朔祭屋台は、江戸時代の文化年間に製作されたもので、葛飾北斎や鳥文斎藤原栄之などの有名な浮世絵師の手による飾り幕で豪華に飾られ、関東でも屈指の屋台と言われています。

  

〒402-8501
山梨県都留市上谷1-1-1
都留市役所産業観光課内

TEL 0554-43-1111
FAX 0554-43-5049