D 八朔屋台

八朔祭のみどころのひとつは、豪華に飾られた屋台にあります。全体をコの時に覆っている大きな飾幕は後幕といい、屋台を美しく飾るだけでなく、屋台の囃子方を隠す役目も果たします。鮮やかな緋ラシャ(猩猩緋:しょうじょうひ)にビロード、金糸銀糸の刺繍など、趣向の限りをこらした飾幕は、まさに動く芸術作品です。

sakura
 
仲町所有「桜に駒」
歌麿の名声にも負けない人気絵師だった「鳥文斎藤原栄之」の作で、春風に駒がいななき、引き綱に結わえた満開の桜が花吹雪となる・・・。そんな一瞬の美が見事に描かれています。緋ラシャに舞う600枚以上の花びらは金糸で縫い取られています。昭和10年9月の崖崩れで土砂に埋まった悲運を乗り越え、見事に蘇りました。
kashima
 
新町所有「鹿島踊」
鹿島明神の御託宣をふれ歩く「事触れ」の古老3人が描かれています。緋ラシャに金箔の雲、老松と玉垣はビロードに金糸を縫い取ったものです。木綿の真田紐などさまざまな高級染織された「きれ」が使われており、服飾史上でも貴重な作品となっています。葛飾北斎の下図とされています。
tora
 
下町所有「虎」
ギヤマンの両眼を爛々と光らせ、真鍮でメッキされた鋭い牙と爪、四肢をふんばる姿が勇ましい猛虎。屋台が動くと縫い付けられた竹の葉がゆらめきます。浮世絵師・葛飾北斎が下図を描いたといわれる作品で、「東陽画狂人北斎筆」と落款が縫われています。
ushi
 
早馬町所有「牧童牛の背に笛を吹く」
当時、ビロードとともに珍重されていた緋ラシャを、赤々と燃える夕映えに見立てた作品で、葛飾北斎が下図を描いたといわれています。幕の上部からは針金に金糸を巻きつけた枝がしだれ、風になびきます。黒牛は本物の角、童子の笛は竹製といったこだわりが光ります。

 八朔祭は、今から300年ほど前に始まったとされ、各町が競って豪華な屋台を作り五穀豊穣を祈ってきました。時代の移り変わりの中で一時は屋台が絶えてしまいましたが、平成2年(1990年)に早馬町の屋台が復元され、現在では下町、新町、仲町の屋台が復活し、にぎやかにお囃子を競演しています。

下町屋台 新町屋台 早馬町屋台 仲町屋台

〒402-8501
山梨県都留市上谷1-1-1
都留市役所産業観光課内

TEL 0554-43-1111
FAX 0554-43-5049